ホーム > 遺産相続

遺産相続

相続とは、お亡くなりになった方の財産(相続財産)を受け継ぐことを言います。
相続財産には、預貯金や不動産だけではなく、借金も含まれます。また、目に見える財産だけでなく、賃借権等の権利も相続財産の対象となります。

法定相続

法定相続とは、相続財産を民法に定められた割合で、相続人となる方全員と分け合うことを法定相続といいます。
お亡くなりになった方が遺言書を残さなかった場合や、遺産分割ができない(又はしない)場合に見受けられる相続手続きです。

■ 配偶者とお子さんだけが相続人の場合は、2分の1ずつ
■ 配偶者とご両親など直系尊属の場合は、配偶者が3分の2、直系尊属が3分の1
■ 配偶者とご兄弟が相続人である場合は、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1

主な法定相続割合は上記のとおりですが、その他代襲相続や嫡出子と非嫡出子の相続割合など、諸条件によりその相続分が変わってきます。

遺産分割

相続する財産を、相続人の皆さん全員で話し合って,具体的にどの財産を受け継ぐかを決める手続きです。

例えば、配偶者は不動産と預貯金の全部、お子さんが自営会社の株式の全部というように、相続財産を具体的に誰がどれだけ引き継ぐかを決める手続きを遺産分割と呼びます。

また、遺産分割協議が親族間でうまく話し合えない場合は、家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てることができます。

その他注意事項として、相続財産に対する債権者(例えば、住宅ローンを貸し付けている銀行等)には、債権者の承諾が無い限り、その決定を主張できません。

例えば配偶者が不動産を全部相続する変わりに住宅ローンもすべて引き継ぐことを相続人間で協議しても、債権者の承諾が無い限り、債権者にはその協議の結果を主張できません。

相続放棄(または限定承認)

原則として、お亡くなりになってから三ヶ月以内に家庭裁判所に申立をしなければいけません。
相続財産には借金も含みますので、明らかに借金の方が多い場合は相続放棄手続きを選択する必要もある場合があります。

しかし、場合によっては、財産と負債の両方を相続する場合で、財産額の方が負債よりも大きい場合もあります。その場合は、限定承認と呼ばれる方法もあります。
限定承認とは、相続財産と負債を比較し、財産から負債分を差し引いた財産のみを相続するという方法です。
ただし、限定承認は相続全員で申し立てる必要がありますので、相続人の内一人でも違う意思をお持ちの
方がいらっしゃる場合は、限定承認ができませんので注意が必要です。

また、相続放棄をせずに被相続人の財産を消費したり、隠したりした場合や、被相続人の死亡からの日から三ヶ月を経過してしまった場合は、『単純承認』といって、その法定相続割合において相続を承諾したことになりますので注意が必要です。(ただし、他に相続放棄をした方がいらっしゃる場合は、当初の相続分と相違することもあります。)

 

遺言

お亡くなりになる方が、その生前、主に財産を受け継ぐ方法を予め定めておくことを遺言といいます。
遺言は法律上書面でする必要がありますが、その方法は①自筆証書遺言②公正証書遺言③秘密証書遺言④その他というように、多岐に分かれます。

自筆証書遺言

被相続人となる方自らが作成する遺言書です。
法的に有効となる遺言書の作成には以下のルールを守る必要があります。

  • 自筆であること → 遺言内容を自筆で作成し、その後ご自身で署名捺印する必要があります
  • 日付を正確に記載する → 平成○年○月吉日は不可。正確に平成◇年○月△日とする
  • 一人で作成する → 共同して残すことはできない

また、被相続人の方がお亡くなりになった後、家庭裁判所で「検認」という手続きを受ける必要があります。

公正証書遺言

公証人が二名の証人とともに、被相続人より遺言書の内容を聞き取り作成する遺言書です。
公証人が作成した遺言書を公正証書遺言とよび、自筆証書で作成された遺言書よりも、手続き上の不備が発生する可能性が低く、また、公正証書遺言書の内容における信頼性が自筆証書遺言よりも大きく、多額の財産がある場合や、相続人間で紛争になることが予測できる場合は、公正証書遺言での作成をお勧めしています。

秘密証書遺言

秘密証書遺言とは、公証人の立会いのもと作成することは公正証書遺言と同じですが、その遺言書の内容を第三者に知られず作成することができます。
通常の公正証書遺言は、証人にその内容が知られてしまいますが、秘密証書遺言は封印した遺言書の封紙に公証人と証人が署名捺印するだけで、その内容が遺言者以外の人の目にふれません。

よって、第三者に遺言書の内容を知られたくないけれども、その遺言書の存在は公的な記録に残しておきたい場合は、秘密証書遺言の作成をお勧めしています。

目安の価格

状況 価格
自筆証書 30,000円
公正証書+立会 50,000円+15,000円

みなさんは遺言書というものをどのようにお考えですか?

「自分で作るのはむずかしいだろうなぁ」
「そんなに大きな財産は無いから必要ないかな」
とお考えの方も多いのではないでしょうか?

また、ご両親や配偶者に、「遺言書を書いて欲しいなぁ」と思いながら、なかなか言い出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

私の考え方ですが、遺言書とは

「残された大切な人たちに伝える、最後の意思表示である」

と考えています。

確かに、遺言書を残すことによって相続人間での争いを未然に防ぐ効果もあります。
相続人の間では話がまとまらないだろうと思われる時は、遺言書を残すことが争いを表面的には抑える効果もあります。

しかし、最期の意思を残したいと考える方は、財産をたくさん持っている方や、自分の死後相続人の間で争いが起きることが予想される方だけではありあせん。

 

「子供たちはみんな仲良くしてください」
「おかあさんを守ってあげてください」
「とても幸せでした・・・・・」

というように、残したい思いや意思は人それぞれだと思います。

そして、みなさんのその思いや意思を、残された人に伝えていくことが、遺言書の大きな役目であると考えます。

私は、法律的な書面を作成することも大事ですが、残された大切な人たちに意思や思いを残すことも大切なことだと考えます。

もし、今取り急ぎ遺言書を作る必要が無い方でも、一度法律的なことは考えずに、手紙やビデオに、今現在のご自身の思いを残してみてはいかがでしょうか

そして、そのような形でよいので、思いや意思を残して欲しいと、大切な方にお願いするのも良いかもしれません。